労働者でもあり経営者でもある一人親方!

労働者でもあり、経営者でもある。二つの立場の間で微妙に揺れ続けなければならないからこそ、一人親方の立場や仕事は難しい。そんな一人親方の生活にぜひ役立ててほしい!知って得する情報がこのサイトには詰まっています。

労働者でもあり経営者でもある一人親方!

一人親方労災保険と民間の保険との違い

事業主自らでも加入する事ができる一人親方労災保険。そんな、一人親方労災保険と同じような内容で、民間でも保険に加入する事が可能になっています。

では、実際、どちらの保険に加入すれば良いのかと言うと、両者の違いを見れば一目瞭然だと思います。 まず、一人親方労災保険とは、政府が行っている保険。その為、まず、つぶれてしまう事がない保険と言う事が言えると思います。反対に民間の保険の場合、今の世の中、何があるか分かりません。

また、同じような賭け金でも補償内容は、全くと言って良いほど違って来ると言う事が言えます。万が一、死亡してしまった場合、一人親方労災保険においては、遺族年金を遺族に残す事が可能になっています。また、葬祭料まで補償されることになっています。

治療費に関しても、民間の保険の場合、上限が設けられている事が多い反面、一人親方労災保険においては、上限なく安心して治療を行う事が可能になっています。 とは言っても、休業補償給付においては、民間の保険方が少し多く補償される事も多く、一概に民間の保険が悪いといった事はありません。

その為、一人親方の場合、一人親方労災保険に加入する事が安心して仕事を行う為の補償と言う事が言え、その上で、余裕のある人は、民間の保険に加入する事で、怪我をした場合などに受け取る事ができる休業補償給付を上乗せしてもらう事ができるものだと言う事が言えると思います。

あくまでも、民間の保険は、一人親方労災保険に加入した上で加入する事をお勧めします。